Whistler負け犬紀行

わざわざ Whistlerまで行って負け犬活動して来たでヤンスよ。
負け犬の記録を見ていってチョーだい。

●はじまり はじまり
勤続10年の功労休暇を上司脅して取ったのはいいけど、いつものように決まったのが1週間前。
あわててタマゲさん某HISに電話したトサ(トーゼン会社でね)

タ:「あのー、2月16日(土)発で8日間でWhistler行きのツアーに申し込みたいんですけど・・」
H:「16日発ですか・・う〜ん その日は一杯ですね。15日(金)ならお席ありますが・・」
えっ?15日(金) 休みは2月16日(土)からの予定なのに・・困ったなぁ・・・
と、メチャ困った顔で隣の席の上司の顔色をみる。
大丈夫そうなので(大丈夫じゃなくても決定していたが)勝手に決定!
タ:「ぢゃ 15日発で2名お願いします。」
H:「かしこまりました。」
と、ここまでは意外と順調に進んだトサ。

●負け犬のはじまり
後日Hより電話。
H:「すみません。飛行機のほうは取れたのですがスタンダードクラスのホテルが取れませんでした・・」
タ:「ぢゃ クラスかえると空いてるの?」
H:「デラックスクラスですと空いておりますが」
タ:「デラックスクラスだといくらになるの?」
H:「1泊2万円になります。」
タ:「他はないの 他は プンプン!」
H:「アメリカのホリデイらしくて一杯なんです。後はバンクーバー市内のホテルから毎日バスで行ってもらうか・・」
が−−−−ん!
某HISのヤロー 足元見てボッてるのかしら?
そんなに払えるわけありません。
後は同行者のハヤカワ氏の英語力に頼って現地調達に決定!
タ:「ぢゃ ホテルはいいよホテルはAirだけちょ-だい」
ってことで、「後は何とかなるでしょ〜」と見切り発車したんだわ・・

●空飛びます
なんだかんだと結局有休も取っちゃって15日(金)を迎えました。
荷物はバートンのキャスター付ボードケースに満載&ザック1つ。
当然ボードケースは人間の持ち物とは思えないくらいの重量になったトサ。
空飛ぶ前にも負け犬活動は欠かしません。
チェックインカウンターで何故かオイラの荷物だけ「FRAGILE」の札と破損したときの免責証書にサインさせられてんの。何で?
同行者のハヤカワ氏はそんなこと無し。
中身が中身だけにスゴイ心配になって、小心者のタマゴさんはブルー入ったのは言うまでもありません。
(だって今シーズンはもう手に入らない板なんだもん)
フライトは19:00発 時差の関係で到着は同日の10:35予定。
機内食は2回出ました。
オイラはトーゼン チキンをチョイスね。
メシ食って寝てれば空港までは勝手に到着します。

●とりあえず着いたべさ
まっ トーゼンと言えばトーゼンだけど寝てても空港までは着くんだな。
バンクーバー空港のイミグレは結構な人。
とりあえず入国審査を済ましてPERIMETER EXPRESS(Whistler直通バスです)のカウンターへ
ここでも危うく負け犬に・・
予約もなんにもしなかった負け犬東洋人2人組はキャンセル待ちだトサ。それも2時間近く・・
(キャンセル待ちの交渉も同行のハヤカワ氏任せ。何せネイティブの発音は聞き取れないッス。オイラはアジア担当と言うことで・・)
時間も無いのでとりあえずBERGER KINGで昼飯をパクついて時間を待ったトサ。
(それにしても何であんなにポテトが多いの?)
言われた時間になってバスのところへ行ってみると何とか乗れる様子。よかった よかった。

バスの中からだよん

13:00発のバスに乗り約2時間30分のバスの旅。
16:00頃にWistler Villegeに到着。
ホッとするまもなく今夜の寝床探し。Infomationに駆け込んで早速交渉。(当然ハヤカワ氏任せナリ)
しか〜し、ホントに宿が無いのよ。Infomationの姉ちゃんは「心配すんな(多分そう言ってるハズ)」って取り合えず滑り止めにバスで1時間も戻ったSquamishのモーテルを紹介してくれた。
(そんなとこまで毎日戻れるかっつーの!)
それから姉ちゃんは電話番号のリストにグリグリ丸をつけて
「片っ端から電話してね。がんばってチョーダイ!(多分そういってるハズ)」
と、ホテルを管理してる会社の電話番号リストを渡してくれた。
後はこれを元にハヤカワ氏にがんばってもらいました。でもホントにいっぱいで予約の無い東洋人2人組は憧れのWistler Villege内には泊まることはできずバスで10分戻ったCreeksideのLake Placid Lodgeへ4日間お世話になることになったトサ。
お世話になった紹介所


まっ 何とか寝るトコは確保したんだけどやっぱり憧れのVillege内に泊まりたいんだな。
不便な場所の癖に意外と高いし ココは
で、ハヤカワ氏にまだがんばってもらって連日Villege内のホテル探し
Lake Placid Lodgeはこんなトコ
                                お宿の交渉 頑張るハヤカワ氏
憧れのVillege